株についての説明文です。

今回は株についての説明をします。
かぶは、投資の一つでお金が沢山はいってくる可能性もありながらかなりの損失をする場合があります。
最初から全財産つぎ込んでたら破たんします。

そうならないためにはかぶを始める前に何個か注意点があります。
自分の目標を定めそれにあった方法をインターネットで調べて、そして最初は中〜長期の具合で株を買いましょう。
短期で初めてだと、あまり詳しくないので、すぐ損をしてしまう可能性がとんでもなく高いからです。

次はしくみについてです。
株を発行している会社の一部であることを株主さんは覚えておかないといけないとだめです。
もし大損したとしても会社の一部なので、文句は言えないです。

自分でそこは責任を持たないとダメです。
それなので最初は中期や長期を狙ってみましょう。
会社の一部であるということは、もちろんその会社がつぶれてしまってかぶがなくなっても文句は言えないです。

いくらだだをこねてもそれは自己責任だからです。
だから、はじめてのときは大きな会社に投資するか、スペシャリストや専門家に聞いて投資を少しずつしていったらいいです。
大きな会社でもスペシャリストや専門家でもいつ何が起きるかわからないので最初の内は安全を第一に低金額での投資をおすすめします。

そして、取引参加者についてですが、大きく分けて個人投資者と機関投資者と外国人投資者があります。
機関投資者はプロの集まりで外国人投資者はお金を持て余した外国人が投資するのでかなり株価が変動しやすいです。
それも踏まえて株をしてみてはどうでしょう。